Jenkins 作者が語る、Docker コンテナによる継続的デリバリのオススメと新機能のご紹介

Download this episode

Download Video

Description

継続的インテグレーション/継続的デリバリ環境が大規模になるにつれて、Jenkins やビルド マシンをメンテナンスする手間や、ビルドやテストの手順を管理する手間が気になってきます。本セッションでは、Azure 上の Docker を活用しスケーラブルなビルド環境を構築します。また、新バージョンとなる Jenkins 2.0 のパイプライン機能を活用して、プロジェクトが多数ある環境での設定方法の効率化もご紹介します。

【受講対象】
アプリケーション開発者からインフラの運用/管理者まで、開発/運用の効率化に興味をお持ちの方はぜひご参加ください。

【スピーカー】
川口 耕介 氏 
米クラウドビーズ(CloudBees)
CTO

【セッション資料】
Jenkins 作者が語る、Docker コンテナによる継続的デリバリのオススメと新機能のご紹介 (PDF)

Day:

2

Track:

DevOps & OSS

Code:

DOO-003

Embed

Format

Available formats for this video:

Actual format may change based on video formats available and browser capability.

    The Discussion

    Comments closed

    Comments have been closed since this content was published more than 30 days ago, but if you'd like to continue the conversation, please create a new thread in our Forums, or Contact Us and let us know.