コンテナ環境を支えるマルチ クラウド運用監視のデザインと実装案

Play コンテナ環境を支えるマルチ クラウド運用監視のデザインと実装案
Sign in to queue

Description

資料: コンテナ環境を支えるマルチ クラウド運用監視のデザインと実装案 [PDF]

佐々木 明夫
マイクロソフト コーポレーション
クラウド インフラストラクチャ センター オブ エクセレンス
ソリューション アーキテクト

効率的なインフラ資源の活用とアジャイル開発を支える技術として Container は注目されてきました。今日では Docker による標準化が進み、クラウド技術の進化によりユーザーのニーズに応じてあらゆる環境で運用が可能になりました。一方で爆発的に増加するコンテナの管理は難易度を増し、最適な稼働状況を維持するための手法はまだ確立できなていないままになっている環境が数多くあります。本セッションは Windows/Linux、あらゆるパブリック (Azure)、プライベート クラウド (Azure Stack, Software defined Datacenter) 上で稼働するコンテナ環境を一元的に運用監視する実装案について解説致します。また効率性の最大化を目標としたツールの選択軸、設計アプローチについて紹介します。

製品/テクノロジ: DevOps/Microsoft Azure/Windows Server/アーキテクチャ/クラウド/コンテナー/Docker/ハイブリッド クラウド

Day:

2

Level:

300

Track:

Architecture

Code:

AC01

Embed

Download

Download this episode

The Discussion

Add Your 2 Cents