Azure Event Hubs と Azure Stream Analytics で、”今を処理” する

Play Azure Event Hubs と Azure Stream Analytics で、”今を処理” する
Sign in to queue

Description

資料: Azure Event Hubs と Azure Stream Analytics で、”今を処理” する [PDF]

太田 寛
日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部
エバンジェリスト

アプリの操作、Web へのアクセス、SNS のつぶやき、IoT によるモノから生まれるデータ等々、世界では、今起こっていることに関するデータがインターネット上を飛び交っています。リアルタイムのビジネス ディシジョンは、この膨大なデータからいかに効率よく、意味あるデータを抽出できるかがポイントです。 本セッションでは、膨大なデータをクラウドで受信する Azure Event Hubs と、統計情報抽出やデータ加工を行い、後段のサービスへとデータを提供する Azure Stream Analytics について、その基本機能の紹介を、特に Azure Stream Analytics については、JavaScript によるカスタマイズやジオ フェンスといった最新機能を、他のサービスとの連携パターンを含め、デモを交えながら解説します。

受講対象: クラウドの PaaS を利用する最大のメリットの 1 つがスケール可能な点であり、リアルタイムに流れる膨大なデータを処理する場合は特に重要です。抽象度の高いスクリプト言語による記述ができて、かつ、スケール可能な Azure Stream Analytics は、リアルタイム データ処理の要となるサービスです。イベント ストリームを扱うサービスの開発者の皆さん、是非お越しください。

関連リソース 1: Azure Stream Analytics
関連リソース 2: Azure Event Hubs
関連リソース 3: デバイスとITの架け橋

製品/テクノロジ: IoT & デバイス/Microsoft Azure/Power BI/アーキテクチャ/クラウド/ビッグ データ

Day:

2

Level:

300

Track:

DataI & IoT

Code:

DI05

Embed

Download

Download this episode

The Discussion

Add Your 2 Cents